敏感肌 肌環境

敏感肌の肌対策

敏感肌の肌環境向上方法とは?

 

敏感肌の肌対策

2、3年程前から、両頬にできたシミに悩んでいます。

 

正確に言うと、まだシミと言うほどはっきりとしたものではなく、本当によーく見ないと分からないほど薄くて全く目立たないのですが、このまま放っておくと30代40代になる頃には目立つようになってしまうのではないかと不安です。

 

もちろん、年齢と共に多少のシミや皺が出てきてしまうのは仕方ないことだと思っているのですが、素肌が綺麗だとあれこれ隠さずに済むのでお化粧が楽ですし、友達と宿泊で旅行に行ったときなどは「綺麗な肌!」と思われたいな?と言うのが本音です。

 

30歳になるまで(あと3年以内)に、なんとかこのシミの予備軍を消して透明感のある肌になりたいと思っています。

 

 

現在実行中の対策

 

対策の一つめは毎朝必ずBBクリームを塗ることです。

 

私は専業主婦ですが、洗濯、息子とのお散歩、買い物などで意外と外に出ている時間が多いので、シミの大敵である紫外線から肌を守るために、朝洗顔をしたらすぐに、日焼け止め効果もあるコフレドールのBBクリームを塗るようにしています。

 

二つめは、チークを極力塗らないことです。

 

本当かどうかはわかりませんが、チークを塗るとシミができやすくなるという噂を聞いてから、友達とのランチや特別なお出かけのとき以外はチークは塗らないようにしています。

 

三つめはちふれの美白美容液を使用することです。

 

アルブチンとビタミンC誘導体の二つの美白有効成分が配合されており、同成分が配合されている他の美白美容液に比べて価格も手頃なうえに、効果がすごい!との口コミを見て使い始めました。

 

普段の生活スタイルで肌質を良くするには

 

敏感肌の肌対策

恥ずかしい話ですが、20代前半の若いころから、頬に大きなシミかできてしまいました。

 

初めに気づいた時は小さかったので、そんなに目立つこともなく「化粧すれば隠れるし、まぁいいか」なんて簡単に考えていました。

 

ですが、その小さなシミは日を増すごとにどんどん多くなっていきました。

 

さらに、頬だけでなく額にも同じようなシミが…。

 

さすがに見て見ぬ振りはもうできず、そこから美白化粧品を使ったりエステに通い始めました。

 

頬と額、髪を耳にかけたり前髪を上げたり分けたり、そんなヘアアレンジを楽しむことができなくなりましたし、人に気づかれないように常に髪で隠していました。

 

美白成分の高いスキンケア商品も何度か試してみましたが、私には刺激が強いらしく数日使っては肌が荒れ、ひどい時には皮膚科にもかかったことがあります。

 

このまま一生このシミと付き合っていくのは嫌だなぁ…なんとか昔のようにシミもくすみもない綺麗な肌に戻りたいと思うようになりました。

 

 

 

近年では女性でもタバコを吸う人が増えていて、私もその一人でした。

 

美容にも健康にも悪いと知りながらも、なかなかやめられずにいました。

 

実際、タバコを吸い始めてから頬の毛穴も開いたり顔がくすんだり、その変化は目に見えて分かっているのですが簡単に辞めれないのです。

 

私は結婚後、妊活を始めるのをきっかけに辞めることができましたが、その後の肌は言うまでもなく劇的に変化しました。
肌が明るくなったのと毛穴が締まってきたこと。

 

あとは妊活で、体を冷やさないようにホッカイロや湯たんぽでの体の温め、足裏マッサージなどをすることから血液循環が良くなるのでその相乗効果があるのか、今では顔のシミも目立たないくらいに薄くなってきました。

 

お風呂はシャワーではなく、お湯につかるようにし、22時〜23時の間には寝る。

 

高い化粧品、美白成分、そういったものは補助的と考え、まずは自分の生活を正していくことが大切なのだと感じました。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ